マンハッタンポーテージのおしゃれなメッセンジャーバッグを徹底ガイド

正しい使い方、背負い方
正しい使い方、背負い方

人気のマンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)のメッセンジャーバッグを実際に使ってみたレビューをしてみました!

マンハッタンポーテージのメッセンジャーバッグを検討中の方は必見です!

フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」で有吉さんが使っていることでもおなじみのマンハッタンポーテージですが口コミ通りのものか街で使ったり自転車に乗って使ってみた感想もお届けしていきます。

・実際に使ってみて不便なところはないか?
・サイズ感や機能性はどうなのか?
・自転車に乗ったときの使い心地はどうなのか?
・突然の雨でも防水は大丈夫?

など、

マンハッタンポーテージの人気の秘密を徹底分析していきます。

コーディネートを選ばないおしゃれなメッセンジャーバッグ!他のブランドとの違い

マンハッタンポーテージと言えば、ニューヨーク摩天楼を象ったスカイラインのロゴが有名なブランドです。

街でもかなり見かける機会の多いバッグですが、発祥はアメリカはニューヨークにて設立されたブランドです。

本格的なメッセンジャーからも愛されており、普段使いする時はシンプルで洗練されたデザインで普段の服装にもなじみやすいのが特徴です。

合わせやすさという点で、ニューヨークや日本のみならず世界で人気を得ているのも納得です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)のロゴ
マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)のロゴ

コンセプトは“New York Tough”(全ての人のための、全ての人に向けたスタイルのバッグを)だけあってバッグ自体は丈夫です。

マンハッタンポーテージは様々なシーンに対応出来ます。

ボディにしっかりとフィットさせ斜めにかけるメッセンジャースタイルが定番です。

私は買い物や電車に乗る時には便利なショルダーバッグのような使い方もしています。
さらにショルダーの長さを短めに固定し肩掛けショルダーとして使うこともできます。

このように場所や使い方、目的によって背負い方を分けることが出来ます。
まさに全ての人のための、全ての人に向けたスタイルのバッグと言えるでしょう。

また女性にも人気のブランドの為、同じバッグで共通の話題が作れて女の子とも仲良くなれちゃうかも。

機能性や使い心地は?A4サイズを入れるならこのメッセンジャーバッグ

A4サイズが入るメッセンジャーバッグ
A4サイズが入るメッセンジャーバッグ

実際にこのメッセンジャーバッグを使ってみて便利なところはこの大きさです。

このメッセンジャーバッグを通勤でも使用していますが、MacbookなどノートPCやタブレット、手帳、充電器などなどを持ち運ぶのには十分な大きさです。

通勤に使うならA4サイズの書類はもちろん、学生であれば通学にも便利です。

ジップ付きポーチには鍵や名刺入れなど小物を収納するのに役立つので家に入る前に「あれ?鍵無いぞ…」なんて事もなくなりました。

また休日のテニスやジムに通う際も使用しておりますがトレーニングウェアやシューズなども楽々収納が可能。

やはりリュックタイプとは違いメッセンジャーバッグは中に何が入っているかすぐわかるところもいいところでです。

使いたいものをすぐに出せるので、物を取り出しやすくとても気に入っています。

シンプルなデザインですが、どんなシーンでも使用出来るので、ユーザーの事を思って作られている事が実感できます。

中身の収納力と開閉が便利な仕様

開閉が便利なマジックテープ
開閉が便利なマジックテープ

このメッセンジャーバッグのいい点は収納力と開閉が便利な仕様になっているところだと思います。

A4サイズの書類が余裕をもって入れられることはもちろんですが、かなりの収納力です。
教科書や弁当箱など荷物の多い学生さんも通学には便利なバッグです。

ノートPCを入れたり荷物の多い人におすすめのメッセンジャーバッグです。

長年使っていたカメラバッグが壊れてしまったので代用としてこのメッセンジャーバッグを使用してみました。

肩掛けショルダーとして使用
肩掛けショルダーとして使用

仕切りとカメラ機材に衝撃を与え無い様にクッションボックスとMacbook Airをバッグの中に入れて使用しました。

Mackbook Air、一眼レフカメラ、ストロボ、交換レンズをストレスなく収納する事が出来ました。

この収納力は荷物の多い私にとって非常に便利に感じる点です。

開閉はマジックテープのみなのでレンズを交換する際もストレスなく物を出し入れする事が出来ました。

マジックテープもしっかりとタイトに止められるので、物をいっぱい入れて空いてしまうという事も無く安心して使用出来ます。

とても使い勝手が良いので『新しいカメラバッグは必要無いのでは…』と思いました。

小物の収納に便利なジップ付き内ポケット
小物の収納に便利なジップ付き内ポケット

ショルダーはベルトの長さが調整可能で丈夫な作り

メタルバックル
メタルバックル

メタルバックルのメッセンジャーバッグは始めてだった私は正直、見た時は『なんだこれは?どう使うんだ?』と思ってしまいました。

普通のバックルと同じように通してみたり、色々試行錯誤しました。
ただ使いこなせるとこれがかなり便利です。

ショルダーベルトを色々な形で通す事が出来るので、使用用途によってショルダーベルトの通し方を変えて使うのが良いと思います。

・メッセンジャーバッグとして使用する場合は手元で長さの調整が可能なタイプ。
・肩掛けショルダーバッグとして使用する場合は長さを固定して余ったショルダーベルトをしまえるタイプ。
・ショルダーバッグとして使用する場合は長さを簡単に調整出来るタイプ。

など使用用途によってショルダーベルトの通し方が変更出来、通し方さえ覚えれば簡単に変える事が出来ます。

とはいえ、この通し方にしなければいけないという事も無いので、自分の使いやすい様に使用するのが一番いいと思います。

またメタルバックルはプラスチックより頑丈でがっしりしている為、割れて壊れてしまったなんて事もないので安心して使用出来ます。

プラスチック製のバックルは多少気を使いますが、このメッセンジャーバッグのメタルバックルは気を使わないで使えるので自転車に乗るときは楽なのでおすすめです。

実際に自転車に乗ってメッセンジャーバッグを使ってみるとどうなのか?

ショルダーバッグとして使用
ショルダーバッグとして使用

私は自転車に乗る時のバッグ選びで最も優先する点は、背負いやすさです。

長時間自転車に乗る事もある為、体への負担はなるべく少ないバッグを選びたいものです。

いくつかのバッグを使用しましたが、重い荷物を入れて移動すると体へ負担がかかりかなりストレスになりました。

止まった時に肩の位置をずらしたり、背負い直したり…このような経験がある方は多いのではないでしょうか?

マンハッタンポーテージを使用してみて感じた事は、肩パットがついていないショルダーベルトなのに肩への負担がかなり少ないと感じました。

メッセンジャーとして使用すると、背中全体に重さがかかるので、肩一点に負担がかかるという事が無い様に感じます。

また、体にしっかりフィットしてくれて、自転車に乗っている間にバッグが横ズレして落ちて来るなんて事もありません。

自転車に乗る時はベルトを短くし体にフィットさせ、物を取り出す時はベルトを緩めバッグを体の前に持って来て荷物を出す。
この動作がスムーズに出来るので無駄な動きがありません。

自転車に乗っている時も自転車から降りた時もストレス無く使用出来るバッグです。

雨の日の防水は大丈夫?メッセンジャーバッグの防水性能

防水仕様のマンハッタンポーテージ
防水仕様のマンハッタンポーテージ

小雨程度の雨であれば、水をはじいてくれるので安心して使用出来ます。

ただ完全防水では無い為、パソコンなどを持ち歩く際は注意しましょう。

バッグ自体には多少の防水機能を備えていますが、大雨などの時は、バッグの隙間から水が入る事が多くあります。

大切な物を持ち歩く時などは、ある程度の急な雨の対策はしておくと良いでしょう。

また、濡れた後に強い日差しを浴びるとバッグが日焼けしてしまう事があります。

こちらのバッグには防水ワックスが塗りこんである為、日焼けの点も大丈夫だとは思いますが、雨に濡れた後などは日陰干しにして乾燥させましょう。

防水スプレーは水を弾いてくれるだけでなく、布を保護してくれるので、防水スプレーを併用する事をおすすめします。

防水スプレーの併用がおすすめ!

バッグの防水
バッグの防水

どんなバッグでもそうですが、見た目のかっこよさを追求すると防水性能はよくありません。

ですが、私が使っているマンハッタンポーテージの「Waxed Canvas Messenger Bag」はキャンバス地ですが、ウォータープルーフオイルを染み込ませてあるので水をはじきます。

このタイプは問題がないのですが、防水スプレーと併用するのがベストかなと思います。

大雨は別として、自転車に乗っていると突然の雨なんてよくある話です。。。
そのためメッセンジャーバッグユーザーならわかると思いますが、そんな緊急事態は想定内に入れておかなく必要がありますよね。

以前使っていたものはやはり、長年使用していると、水のはじき方が弱まる印象があります。

使い込んでいくうちに、「撥水性が弱いな・・・」と感じたら防水スプレーを使うことをおすすめします。